スポンサーサイト

  • 2016.10.08 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


TNTと小浜湾のキス釣り

6/7〜6/8にかけて、某サーフの例会で小浜湾に行って参りました。
そうです某大統領候補と同じ名前で売り出し中の小浜です(笑)

例に漏れず、仕事は大忙し・・夜勤明けで帰ってきたのは朝の6時、用意する元気もなくそのまま寝てしまっていました。
やばい!!と思って飛び起きたのは10:30。。あわててリチウム電池の充電・・結局出発するまで満タンというわけにも行かずに、中途半端な充電で行く羽目に・・
準備万端で釣行というのが最近ありませんです・・・こんな時はいつも忘れ物をします・・今日は釣りベストを忘れてしまい、携帯灰皿・はさみ・蓄光フラッシュ等々の無い釣行に・・・

昼にGDIさんが私の家にきて、車に道具を積み替え今日は私が運転手でGOです!!
途中横綱でラーメンを食べ、23号沿いのエサ屋でチロリ*2、青虫*1を購入
途中コンビニ等寄りながら、オール下道にて釣り場(岡津)到着・・
車を止めたところのすぐわきで、漁師さんが岩ガキを洗っていた・・・旨そう・・思わずよだれが・・○ボだったら、岩ガキ買って帰ろう!!・・・そんなことを思っている人間には釣れないもんです(爆)

ここでは見事撃沈・・・トロ藻・・と海毛虫にやられ・・・21:00に場所替え@勢浜へ・・先客に挨拶をし・・ここでは根掛かりに悩まされ・・即転身(苦笑)
小浜へ・・
あきらめモードだったんだけどGDIさんのバイタリティーに負けてとりあえずがんばることに・・・
竿出しして・・どれくらいたったかな?右の竿にこつんと言う当たり・・数秒後にドラグがうなりを上げる・・・あわてて竿に駆け寄り手でもちベールを起こすと・・糸がものすごい勢いで出ていく・・なんだろ?黒鯛か??
あわせを入れて巻きに入る・・相変わらずがんがん引きまくり・・
引きを楽しみながら・・抜き上げて・・キスです。あまりの太さにびっくり!!測ると25センチは優に超えてる・・26には届いてない様なので、そのままクーラーに放り込む。
間髪入れずに ドラグをならす当たりが2回・・一回は取れず・・・
これは爆釣の予感??・・・と思ったら地合い終了(爆)

明るくなって引きつりで1匹追加し・・体力の限界・・堤防で爆睡(笑)
寝ている間に、投魂さんとGDIさんはかなりのキスを釣った様です。
一応例会なので検寸・・・まずは一匹長寸から・・私25.4cm、GDIさん24cmちょい
投魂さんもほぼ同じくらい・・でも26cm無いので大物ポイントゲットならず。
う〜〜んきちんと保管すれば26cmあったかな〜〜〜
私は朝寝ていたのでキスの数では圧倒的に負け・・・しょぼ〜〜ん・・・

でも暴力的なキスの引きを堪能できたし・・よしとしなきゃね・・
帰ってキスは昆布締めでおいしく頂きました。やっぱり食べては北陸のキスが旨いな〜〜

PS:ナショナル竿先ライト・・なかなか良かったですね〜〜装着もかっちりしていて投げて取れるなんて不安は全くありませんでした。明るくて見やすいし・・少々お高いけど高いだけのことはあると思いますよ。


タックル:スピンパワーCX-T*2+パワーサーフQD+PE2号+ナイロン力糸
仕掛け :幹糸8号+ハリス5号+カレイ鉤13号 段差仕掛けや通常2本針仕掛け
エサ  :チロリ+青虫
港 小浜
緯度 35.30
経度 135.44
平均水面 18cm
潮 中潮
満潮 7:08 (22cm)
  16:01 (28cm)
干潮 10:10 (21cm)
     
日出 4:41  
日入 19:11  
月出 9:13 (8日)
月入 23:09 (8日)

*************************************
さて今日はTNTです
彼らのセカンドアルバムだったかな?(苦笑)ごめんなさい確かじゃない・・・
このアルバムの後に出したインテュイションよりはかなりハードで・・
これぞ北欧HM!!

1. Everyone's a Star
2. 10,000 Lovers (In One) テレビ
3. As Far as the Eye Can See テレビ
4. Sapphire [Instrumental]
5. Child's Play
6. Smooth Syncopation [Instrumental]
7. Listen to Your Heart テレビ
8. Desperate Night
9. Northern Lights
10. Incipits [Instrumental]
11. Tell No Tales

5.7は北欧のバンドらしいバラード

トニーのハイトーンVoが美しいのと、ロニーの圧倒的なギターテクニックがすばらしい
11のTell No Talesをわざわざこのアルバムのタイトルにしたところに彼らのこのアルバムへのこだわりを感じる。1〜10のポップな曲やバラード・インストはこの曲へつなげるための布石なのか?・・本来やりたいのは11みたいな曲なのか?といろいろ考えさせられる。

今はどうしているんだろうか?Voのトニーが脱退したというのは聞いたのだが・・
北欧で埋もれるには惜しいバンドだったんだけどな〜〜




calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
sponsored links
3mm
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM