スポンサーサイト

  • 2016.10.08 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


紀東釣行@引本浦→大曽根浦→二木島→鬼ヶ城

2週間以上前の釣行記なんてなんの参考にもならないと思いますが・・・
自分の覚え書きと言うことで・・・ご容赦願います。

今年のGWは暦通りの出勤と言うことで、まともな連休は3,4、5、6の4日間でした。神と子供達は千葉の実家へ行くみたいだし・・常磐等の遠征もしたいのはやまやまでしたが・・とりあえず3日4日で紀東に夜釣りとカワハギ狙いで行って参りました。

仕事が忙しく、全く準備も出来ないまま前日の仕事も帰ったら午前様(苦笑)へとへとでその夜は何もする気なく爆睡・・・8時に起床し・・道具を用意して・・ワンコを預け戻ってくると10:30過ぎ・・程なくGDIさんが到着。道具を積み替えいざ出発です。
途中本当は前日に購入する予定だった力糸と錘を仕入れ・・23号沿いのエサ屋で本虫*5 ユムシ*15を購入  途中飛島から四日市を抜けるまで渋滞にはまり 鈴鹿で昼食をとって 引本には5時くらい到着・・有名ポイントのカーブミラー前やタンク前を横目に目的ポイントまで行くも・・さすがにGW・・先客が2名いました・・小場所なのであきらめ すぐ近くの引本浦へ・・・ここは3年前の7月に来て目立った釣果はなかったものの魚影が濃く多彩な魚が釣れた場所ですが・・今日は堤防仕様(8号ナイロン)メインで来ていたので遠投は厳しい・・・替えスプールでもってきていたPE4号とナイロン5号とナイロン8号の全く統一性のない道糸で望みます(苦笑) 明るい内にPEで底を探る・・着底までカウント3秒・・ここってこんなに浅かったっけ??この時期ここまで浅いと期待薄かな〜〜 暗くなって30cm弱のフグがムツハリ17号を丸呑みして上がって来るも当たりはそれのみ・・20時くらいには転身を決意する。

次に来たのは尾鷲の大曽根浦・・釣り人は結構いたが、ほぼ100%ヤエンとエギンガーとイカ狙いの人たち・・3投ほどしたが・・底に全く変化がなく・・砂というか泥というか・・即移動を決意

次に向かったのは二木島 途中の峠道に唖然としながらも(笑) 釣り場に到着・・ケミボタルの明かりが無数に見える・・うわ〜〜これは釣り出来ないかな・・・
タックルを持たずに見に行くと・・ここもイカ釣りの人ばかり
先端に投げ釣りの人が2名・・関西から来られたみたいです。穴子と毛虫・・との寂しいお言葉(苦笑) もう帰られるとのことで、GDIさんと並んで竿出しすることに・・この時点で22時・・・干潮止まりから潮が動き出す時間に期待するも釣れるのは穴子・ウミヘビ・そしてお約束の海毛虫・・・
初めての釣り場だったのだが・・思ったより水深がない・・三木浦位あると勝手に想像していったのだが・・半分以下の水深です。。
GDIさんは良型カサゴとキスを釣り上げている・・・さすがだ・・蚊がものすごくて一睡もせずに朝まで投げ返すもお持ち帰りはキス1のみ・・引き釣りのピンポイントでキスの竿先が引き込まれるほどの良いあたりがあるのだがなかなか乗せられ無い・・下手くそ・・・5:30鬼ヶ城へ転身

朝早い時間にも関わらず・・木本ケーソンの駐車場は一杯・・何とか車を停めて磯場へ歩いていく・・ここまでほとんど寝ずに来ていたので・・疲労はピークに・・
大物カワハギを釣りたい一心で釣りをスタート
海は少々うねりが入っていてざわついていて良い感じ・・投げると水深20mはあるか?期待大である。。。が・・なかなか当たらない。右に左に遠投近投・・いろいろ試すも全くだめ・・疲れ切って置き竿に・・適度に誘いを入れながら・・23cmのカワハギが釣れた・・これに気をよくして投げ返すも・・すぐに疲れ切ってトーンダウン(爆)
うとうとしかけたら ドラグが派手になってGDIさんと2人で飛び起きる(笑)巻いてきて良型のキスだったのだが・・・干潮で地磯・・取り込みがうまくいかずに痛恨のばらし・・GDIさんの竿が大きくしなるも80cm位のエイ・・玉網を組み立てスタンバイしていたのだが、とてもじゃないけど私の50cm枠の玉網には入りませんがね(苦笑)

そうこうしているうちに私は完全にグロッキー(苦笑)、納竿と相成りました。
帰り道、ほとんど寝ていました・・・GDIさんごめんなさい・・・
いつもいつも運転してもらって感謝しております。
ということで釣果はさんざんでしたが、夜釣りシーズンモードに自分を追い込むには十二分の釣行でした。(笑)

竿:スピンパワー425BX-T*2+トーナメントサーフT33-425*1
リール:パワーサーフ4000QD*3 ナイロン8号(通し) 夜釣り
               PE2号(ナイロン力糸) 昼間
餌:本虫・ユムシ・鰯(昼は本虫のみ)
仕掛け:夜〜幹糸フロロ10号 鉤 カットビックサーフ16号・ムツ鉤17号
    昼〜幹糸フロロ8号 ハリス フロロ5号 鉤 早掛け10号 2本針 
釣果:引本浦:フグ  大曽根浦:なし  二木島:キス23cm*1 穴子・海毛虫
   鬼ヶ城:カワハギ23cm*1
港 尾鷲
緯度 34.04
経度 136.13
平均水面 104cm
潮 中潮
3日
満潮 3:45 (154cm)
  16:24 (156cm)
干潮 10:03 (28cm)
  22:19 (53cm)
4日(大潮)
満潮 4:16 (161cm)
  17:15 (167cm)
干潮 10:42 (9cm)
  23:03 (59cm)
日出 5:03  
日入 18:40  
月出 3:09 (3日)
月入 16:09 (3日)

おまけ 
先日紹介した、リチウム充電池ですが、一晩明るさを最高にしても楽勝で持ちます。
自分なりによい買い物をしたかなと自画自賛(爆)


ナショナル竿先ライト・・ようやく到着 購入金額は800円弱/本
すべてレッドを購入しました。多分一番目立つと思って・・購入
まだ試していないんで使用感はまた後日に♪


今週末例会があるのですが・・・仕事でいけるかいけないかは微妙・・・
前日にならないとわからない状態です。。そろそろ禁断症状が出てきたな(爆)

近況報告

皆さんこんにちは  
例によって・・・例のごとく・・・亀更新です(苦笑)
かといって、釣りに行っていなかったわけではありませんで・・家族を連れて4月中〜昨日にかけて3回も行っていました(苦笑)子供達は船に乗るのが楽しみでしょうがないらしく・・・休み毎に釣りに行こうと言われる始末(笑)

結果から言いますと撃沈・・やはり家族連れでは集中できません(苦笑)
昨日はベラと戯れた一日でございました・・・

ということで昨日をもって、アイナメカレイ狙いは終了!!
完全夜釣りモードに突入です。1発目はGW中に紀東へ赤いのを狙いに・・
その後のメインは、地元知多半島でのマゴチ狙い・・間にキスの大物・数釣り・毎年恒例の七里御浜へコロダイ狙い・・・等々を挟みながら・・・秋までキスの数釣り以外は夜釣りで行きます。

てな風にいろいろ画策をするのですが、毎年結果が全く伴っていません(爆)
結果よりも釣りに行くという事実だけで満足してしまっている自分が恐ろしいです(爆)
こんな自分はおかしいのでしょうか・・・??(苦笑)

とりあえず連休の夜釣りに向けて臨戦態勢を整えて行こうと・・いろいろ小物を仕入れました。

.悒奪疋薀ぅ箸僚偲甜哀螢船Ε狹澱

 私が使っている、ヘッドライトはCR123A(リチウム電池)を2本使用するのですがこれがめちゃ高価です。。。釣具屋や電気屋なんかで買おうものなら500円/本では買えない・・・照度調整機能付きなので・・今までは暗くとも節約のためにかなり絞って使っていました。それでも・・3回も夜釣りをすると電池切れ・・とても経済的とは・・・
最近ネットで出回っている充電器と充電池2本をネットで購入しました・・公称800回ほど使えるらしい・・少なく見積もって半分の400回としても 購入した充電池は1200円/2本ですので3円/回 年間10回〜20回の夜釣りとして・・・20年以上は使える計算(笑)・・ヘッドランプの方が先にいかれると思います。(爆)ちなみに充電器は1800円でした。

▲淵轡腑淵覺叛茱薀ぅ

 これは今年のフィッシングショーで一目惚れした品物です。発売を心待ちにしておりました・・ちょっと今度のGWに間に合うかどうかは??です・・・オレンジ・グリーン・レッドの三色あるのですが・・今回はレッドを4本予約しました。使い心地は又レポートさせていただきます。
気になるお値段ですが・・いろいろ調べましたが1000円前後のようです・・・やはりナショナル・・予想通りといえば予想通り
 完全防水って言うところがお気に入りです。2時間、3時間程度の半夜釣りでケミホタルを使うのももったいないし・・同じLEDタイプがネット等で100円程度で売られていますが・・非防水なのと取付に難があるので敬遠していました・・
電気浮きタイプのリチウム電池を使うのですが・・こちらの電池はネットを上手く使えば100円をきる値段で購入も可能です。長い目で見ればコストも押さえられます。
とりあえずこんなもんです・・あとは仕掛け作りと・・ラインの巻き替え・・

玉砕覚悟で行って参ります

たわいもない話で(苦笑)・・お詫びに昨日釣れまくったベラの写真でも付けておきます・・このサイズのベラが入れ食いでしたので竿先がひったくられて釣り味としてはおもしろかったのですが・・・・
こんなのを10匹以上は釣りました・・・

片名漁港のアイナメ・カレイ

絶好の潮回りと天気も持ちそうということで、疲れた体にむち打って行って参りました(笑)

前日に、神にメールで「釣り行って良い?」と入れたら、
神:「釣り行くのは構わないが帰ってきて寝腐るのだけはやめて!!」
私:「わかってるよ〜」
神:「わかってない!!」
私:「涙マーク」
神:「休みに子供の相手もしないで寝腐って、片付けも中途半端!!もう釣りに行かせない!!」
私:「ごめんなさい」
墓穴掘りまくり(苦笑)・・・・


そんなこんなで釣りに行くこと決定(苦笑)

帰宅後、カレイ鉤13号を20本ほど巻く・・いつもより小さい釣り鉤だが給料日前なのでえさ代が4000円しかない・・私は餌をこれでもかっと言うぐらい付けないと気が済まないので節約のためには釣り鉤を小さくするのが一番効果があります(笑)
ちょっと仮眠して、いつものえさ屋さんには3:30到着。本虫*2青虫*4(4200円予算オーバーじゃん・・・)で今日は挑みます。

釣り場到着・・今回の釣り場は3.4年ぶり?38cmマコガレイを釣った場所です。準備だけして明るくなるのを待つ・・・一投目から根に直撃(苦笑)・・う〜〜んこんな所に根なんて有ったかな?根を外して左右に3本出し終えるやいなや・・すべての竿に当たり・・上がってきたのは32cm、30cm+25cmのダブル、25cmの計4匹アイナメ!!こりゃ今日は大量間違いなしか??と思ったのですが・・その後は鳴かず飛ばず・・餌取りの猛攻を受ける・・・

10:00位か・・一番左の竿に当たり!!上がってきたのは34cmマコガレイ!カレイとアイナメのそろい踏み・・今日は来て良かったな〜〜(笑)

が・・・・・

いつもならここで即魚を締めてクーラーボックスに入れるのに・・水くみバッカンヘ・・これがいけなかった・・投げて・・さて絞めるかなとばっかんを見ると・・魚がいない!!

が〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ん海へ落ちたみたい・・・・・・

あまりにショックで・・・しばらく立ち直れない(苦笑)みんなにメールすると
「余裕なの?」
「らしくないですね〜」
等々・・・神に至っては「又釣ればいいじゃん」(爆)

期待通り?の皆さんのお答えにさらにへこむ(爆)

その後は、ドラマも訪れず・・そのまま納竿・・・がっくり・・・

教訓:釣った魚はすぐに絞めるべし!!

竿:スピンパワー425CX-T*2+トーナメントサーフT33-425*1
リール:パワーサーフ4000QD*3 ナイロン5号+ナイロン力糸
餌:本虫・青虫
仕掛け:幹糸:フロロ8号 ハリス:フロロ5号 ハリ:カレイ鉤13号 段差仕掛け 
釣果:25〜32cmアイナメ*4(25cm*2はリリース)
   34cmマコガレイ(ナチュラルリリース・・・・・)
   フグ・海星 多数

特記事項:餌取りの活性が高くなってきた。それなりの餌の量で攻めた方がよい
     釣れてきたのは青虫ばかり
     次の大潮周りは、カレイアイナメ共にかなり期待できるか?


港 師崎
緯度 34.42
経度 136.59
平均水面 125cm
潮 大潮
満潮 6:37 (205cm)
  19:06 (200cm)
干潮 0:35 (33cm)
  12:48 (20cm)
日出 5:51  
日入 18:06  
月出 18:39 (22日)
月入 6:11 (23日)

 本来ならこのまな板にカレイも・・・(苦笑)  

常滑市りんくうのカレイ狙い(3月16日)

結果から申しますと撃沈でした(爆)

潮が悪いので、午後から行こうと思っていたのですが、スライムさんとメールのやりとりにて朝から釣行決定(笑)
釣行場所はまえまえから行ってみたかった常滑りんくうへ・・
餌は前日仕事帰りに南区のいつもの餌屋さんへ・・電気が付いているのに扉に鍵がかかっている??ん?参ったな〜こんな事初めてだし・・・う〜〜ん困った・・と5〜10分待ったでしょうか・・出直すか・・と車に行きかけると おじさんとおばさんが息を切らしながら走ってきた(笑)食事に行っていたようです(笑)

夜明け前に釣り場到着・・良い感じで潮目が出ている。とろとろと左に流れていて見た目は良い感じ。
 程なくスライムさんも到着・・準備して第1投。水深は3m位か・・底が取れ無いくらい浅場だと思っていたのだが思ったよりも水深がある・・餌が丸残りで帰ってきます・・う〜〜ん厳しい釣りになりそう・・というより魚いるの??(苦笑)
この時点で釣り人は私を含め3人・・・
漁船が網を上げに来たので皆で仕掛けを上げる・・スライムさんの隣のおじさんが重そうにリールを巻いている。マコガレイです@34cm・・
漁船が通り過ぎるまでしばし休憩・・・なんと漁船の網には・・10mピッチくらいで30オーバーのカレイが上がっているではありませんか・・・
俄然気合いが入ってきた(爆)・・が気合いが空回り・・
 とりあえずフグはいるようですハリスがざらざらで帰ってきます。

昼頃から篠島沖堤で釣りをしていたO氏も合流・・・

地元のおっちゃんが、どうかね?釣れるかね?と・・・「釣れませんね〜」と答えたら・・帰ってきた言葉が・・「な〜〜んだ一番良いところで釣りしているから4〜5枚はカレイを釣ってるかと思ったよ」だって・・・(苦笑)
余計なお世話じゃ〜〜(くやしい)
話を聞くと釣れる場所らしい・・・・・時期が悪いのか・・腕が悪いのか
夕方まで粘りましたが・・○ボでございました。
潮通しも良いし、釣れる雰囲気はぷんぷんの釣り場なんですけどね〜〜今度は11月か12月に来てみようっと。
景色は最高でした(苦笑)
竿:スピンパワー425CX-T*2+スピンパワー425BX-T
リール:パワーサーフ4000QD*3 ナイロン5号+ナイロン力糸
餌:本虫・青虫
仕掛け:幹糸:フロロ8号 ハリス:フロロ5号 ハリ:カットビックサーフ15号 段差仕掛け 
釣果:無し
 
港 名古屋
緯度 35.05
経度 136.53
平均水面 140cm
潮 小潮
満潮 3:21 (158cm)
  13:04 (147cm)
干潮 8:27 (138cm)
  20:19 (46cm)
日出 6:01  
日入 18:01  
月出 12:16 (16日)
月入 3:19 (17日
  

三重県尾鷲市三木里のカワハギ(3月8日)

 3月に入り腰も良くなってきて、そろそろ釣りに行きたいな・・・・・・いつの間にか釣りに行くことになっていました(爆)
時期的にアイナメなら釣る自信あるんだけど・・・O氏の強いススメにより紀東にカワハギねらいということに・・・・

 実は通販で秘密兵器を用意していました・・本当はアイナメ釣りに使う予定で購入した物だったんですが・・こませを詰めることの出来るかご錘です。
 「魚を寄せて釣る」実は投げ釣り以外の釣法ではごくごく当たり前に使われているんですが・・投げ釣りで本格的に使用されているのは北海道だけ?です。どうしても外道や餌取りを寄せてしまうので使いづらいというのが理由なのでしょう・・・
 魚が口を使わない一年で一番水温の低いこの時期なら使って見る価値あるだろう!ということで使ってみることに・・・

 午前1:00に名古屋を出発・・途中O氏を鈴鹿で拾い・・三木里には4:30に到着・・地磯歩きなので明るくなるまで待って・・出発・・ひーひー言いながら釣り場到着(笑) すぐに準備して1本は置き竿に・・もう一本は手持ちでさびくことにする・・・
 一投目からドラグをならす当たりが・・でも乗らず(残念)しかし魚気がない。当たりもなく、手持ちでさびいていると、腰に来るので2本とも置き竿に・・さぼって仕掛けを動かさないとお約束の海毛虫が釣れてくる。定期的に誘いを入れてようやく一枚22cmの本命カワハギ。・・・・・・がその後は当たりもなく撃沈・・・・・・・

 このままじゃ終われないので11:00に場所移動を決意!!とは言っても隣の三木浦(笑)ここで2時間ほど粘りますが・・遊んでくれたのはイソベラとトラギス・・・疲れ切って14時に納竿・・

 予想通り厳しい釣りとなりましたが、みんなで雑談しながらの釣りは楽しかったです。カワハギは肝和えでおいしく頂きました。いや〜〜久々に食べましたがやはり絶品!!釣り師の特権とはこのことを言うんでしょうね〜〜予定では尺カワハギだったんですけどね(苦笑)
 さて・・・この後は4月中旬までアイナメ釣りで行きます。とりあえず40オーバーでもねらいに(笑)・・・

竿:スピンパワー425CX-T*2
リール:パワーサーフ4000QD*3 PE2号+ナイロン力糸
餌:本虫
仕掛け:幹糸:フロロ8号 ハリス:フロロ5号 ハリ:スピニングB・はやがけ10号 2本針 
釣果:カワハギ22cm*1
   トラギス・海毛虫(リリース)

港 尾鷲
緯度 34.04
経度 136.13
平均水面 104cm
潮 大潮
満潮 6:21 (164cm)
  18:13 (169cm)
干潮    
  12:14 (32cm)
日出 6:14  
日入 17:57  
月出 6:17 (8日)
月入 18:37 (8日)


 

三重県神島のアイナメ・カレイ

さて2008年の初釣りです。
 1/3、か1/4に行くことは、年前からの決定事項だったのですが。。釣行場所が全然決まらない・・水深の無い南知多界隈でこの時期の釣りは、非常に厳しく・・対象魚はアイナメくらいか・・アイナメなら納竿で行った日間賀島久渕沖堤か・・はたまた日間賀島西港か・・それくらいしか思いつかないのと、実績場所しか頭に浮かんでこないことにちょっとブルーが入る(苦笑)、こうなったら紀東に肝パンカワハギでもねらいに行こうかとも思ったりして・・・

 そんなときに師匠のGDIさんから携帯メール・・「1/4に神島に行かない?」

 行きますとも・・来るなと言われてもついて行っちゃう(爆)

「神島」・・・文学に精通されていなくとも三島由紀夫を思い出された方・・そうです、その「神島」です。鳥羽と愛知県の伊良湖岬の間にあり、小説『潮騒』の舞台となった島として有名です。隠れ三島由起夫ファンの私(笑)・・釣りをしていなくても一度は訪れたいと思っていた島です。・・ただ・・距離は近くとも、行くのは少々気合いを入れていかないとなりません・・ 

 行き方は2通り・・鳥羽からの定期船と伊良湖からの定期船・・船の距離は圧倒的に伊良湖からの方が近い(20分位・・鳥羽からだと4〜50分)のですが・・どちらにしても陸路が約二時間強・・・・・

 とにもかくにも今回は釣り・・情報をネットで集める・・が・・なかなかこれという情報は集まらず・・わかったのは外向きはテトラ越しの釣りになるという位(笑)これじゃ仕掛けも何も・・とりあえずアイナメねらいということで、幹糸8号・ハリス6号・ハリカットビックサーフ15号の段差仕掛けで望むこととする・・これが後々よかったのであるが・・・

 今回の釣行は、5名。おなじみメンバー・・GDI氏・O氏・W氏・N氏
4:30に集合し、途中餌屋によって本虫*3青虫*5を購入・・買ったときはそうでもないかと思っていたのだが青虫の量が少なすぎる・・いつも買う南知多での量の2/3以下・・・

 7:30発の船に乗船・・伊良湖港を出るやいなや・・船は揺れまくり・・みんな無口(爆)・・ようやく堤防に到着・・投げ釣りは私たちくらいか?ほとんどは浮きフカセ釣りとテトラの穴釣りの方々・・こんな時期でも夜通しで釣りをされている方もいて・・さすが神島と感心する。
 船から堤防に上がった瞬間北風に吹き飛ばされそうになる・・こりゃ外向きは無理だな・・と港内みお筋とテトラ脇に投げ入れる。準備が終わって周りを見ると私とGDIさんがほぼ同じ場所・・O氏がその隣・・N氏とW氏はなんとこの条件の中外向きに構えている・・これがあとでドラマを生むこととなるのだが・・・

 開始してからすぐ、GDIさんに見たこともない魚が釣れる・・なんじゃろ?でも魚っ気があることに一安心・・すぐさま31cmのアイナメを釣り上げられた・・さすがだ・・・程なく・・私に28cm位のアイナメ・・とりあえずおかずが釣れてほっとする・・日が高くなってからはは・・餌取りとの格闘・・私はハリが大きかったからか?ハリスも無事で針先が鈍ってハリを交換するくらいですんでいたのだが・・GDIさんは仕掛けを上げる度にハリを交換されている・・フグの様です・・餌は秒殺状態・・多分5分と餌はもっていないでしょう・・手返し重視で攻めるものの・・青虫の量が少なすぎていつもなら最低でも5匹は房掛けするところを・・3匹以下で押さえざるを得ない・・こりゃこのペースでやっていたら昼まで持たないかも・・・
 
 10:30位か?風は強いものの若干弱まってきたので外向きに一本投げ入れる・・向かい風の太仕掛け・・案の定、重りを置いて投げているのに2色も飛ばずに失速(苦笑)、テトラ越しなので竿を高く構えないと道糸がテトラに巻かれてしまう・・強風で竿先がばたつき・・当たりが取れない・・・
 O氏が港内で25cm位か?マコガレイを釣り上げた。。「地合いだよ〜」と冗談を言いながらあわせを入れて巻き上げる・・ドスン・・魚が乗った・・間違いなくカレイの締め込み♪・・上がってきたカレイは36cm・・思わずにっこり 来た甲斐がありました(笑)
 間髪入れず・・遠くでW氏の竿が大きくしなり・・三角巻き状態になっている。。歓声と共に上がったのは40cmを優に超える極太抱卵マコガレイ!!
 氏は30cmオーバーのカレイを釣ったことが無く・・初の30オーバーがなんと40cm越!!正直悔しいが(笑)・・この風の中くじけずに朝から一貫して外向きを攻めたからであろう・・
 私はカレイ釣りは我慢の釣りだと思う・・・餌取りが全くいない時でも餌取りが激しいときでもどんな条件が悪いときでもあきらめず手返しすることが釣果につながる・・・それを最後まで実践していたW氏・・当然の釣果なのかもしれない・・

 その後、外向きねらいでがんばりましたが・・餌取りの活性が高すぎ・・予定時間の1時間前には餌も尽き果て・・納竿となりました。

 帰りは行きよりも揺れなかったのですが、人がいっぱいで船内に入れず・・潮を頭からかぶりまくって全身ビショビショ・・(苦笑)伊良湖港に到着するとASCCの豆板醤さんが登場・・新年の挨拶をしてしばし雑談・・わざわざ会いに来てくれた心遣いが嬉しかったです。今度あうときはきっと七里御浜でしょう(笑)がんばってコロダイの大物釣りましょうね!!

 今年の初釣りは近年にない釣果で、幸先のよいスタートとなりました。今回の釣行を企画していただいたGDIさん・O氏に深く感謝します。
 「ありがとね」今年もいろんな所に行きましょう。

 竿 :スピンパワー425BX-T*2+スピンパワー425CX-T*1
リール:パワーサーフ4000QD*3 ナイロン5号+力糸
餌  :本虫・青虫
仕掛け:幹糸:フロロ8号 ハリス:フロロ6号 ハリ:カットビッグサーフ15号段差仕掛け 
釣果 :アイナメ27.5cm
    マコガレイ36cm 
景色は最高!!でも風が強すぎました(苦笑)

アイナメは抱卵中
カレイははたいた直後でしたが肉厚で刺身でおいしくいただきました。いろんな所のカレイを食べてきましたが油の乗りがものすごくて、捌くと手も包丁もギトギトになるほど・・こんなの初めてでした。煮付けにすればよかったかな?

おまけ・・我が家の娘犬が子供を産みました・・8匹生まれて 1匹は死産・・1匹は家族全員寝ないで看病しましたが・・残念ながら・・子供たちはいつまでも泣いていました・・悲しい現実でしたが,
何とか受け入れられたようです・・この2匹のためにも他の子たちには長生きしてほしいです。


港 伊良湖
緯度 34.35
経度 137.01
平均水面 120cm
潮 若潮
満潮 4:04 (163cm)
  14:46 (164cm)
干潮 9:12 (116cm)
  21:43 (37cm)
日出 6:58  
日入 16:54  
月出 3:12 (4日)
月入 13:12 (4日)

日間賀島久渕沖堤でのアイナメ・カレイ

皆様・・明けましておめでとうございます。
 先日の日間賀島東堤沖堤の釣果で納竿する気持ちにはとてもなれず・・・12月30日に納竿釣行することはクリスマスくらいに決めてはいたのですが・・・天気予報をみて・・がっくり・・・YAHOOの天気予報で北西風が7〜8m・・携帯の某サイトに至っては12〜15m・・・とても釣りに行くような条件ではなかったのです・・・
 同行する予定のw氏に明日は風裏の片名でお茶を濁して終わろうか・・と電話・・これで納竿釣行はド貧果確定か・・・と・・いつものようにネットサーフィンしていたらSさんが日間賀島久渕沖堤に渡るらしい・・これはまさに渡りに船か??(笑)直ぐに連絡し同行をお願いすると快く承諾していただけた。・・これで何とか釣果にありつけるか??
仕掛けを作成して4:30に目覚ましをセットし仮眠・・目が覚めるやいなやO氏よりTEL・・・「私も参加させてね」とのこと。
いつも寄るエサ屋でw氏と待ち合わせ、本虫3+青虫4(5200円)を購入し集合場所へ・・S氏と初めてお会いするA氏(数釣りと大物釣り両方こなされる凄い方々です)に挨拶をし渡船で堤防に渡ります。

 竿を三本セットし明るくなってから順番に投入・・実は久渕沖堤は苦手な釣り場・・潮が飛んでいると根掛かりとの格闘・・船が近いので船にも気を遣わなければいけない・・私的には非常に難しい釣り場の一つだと思っています。
 今日は道糸8号・幹糸8号・ハリス6号の根掛かり上等仕様タックルで望みます(笑)
 海が荒れているせいか船はほとんど全く通らない・・その点では快適な釣りでしたが風が凄い・・時折背後から潮しぶきが飛んできます。

 朝一アイナメがぽつぽつと・・その中でドラグを鳴らして上がってきたのは31cmのアイナメ・・まともな釣果にありつけたことにほっとする(笑)
 Aさんはこの時点で30オーバーアイナメを2本上げていた・・さすがだ・・

8時過ぎかな?カレイの地合だったらしく横一線に並んで全員にカレイが上がる・・みんな30cm近いのに私だけ12cm・・・(苦笑)即リリース・・釣果があったのはここまで・・・潮が変わるまで非常に退屈な釣りを強いられる・・・11時前、潮が左から右に変わった!・・これからがチャンスだ。エサをたっぷり付けて手返しを良く・・潮が速くなってきたので根回りをあきらめ、砂地を流しカレイ狙いとアイナメの大物(アイナメは大物になれば砂地まで出てきて餌を食いに来ます)狙いに変更する。「ジジ・・ジジ・・」潮の流れで糸が出されるもお構いなしに流す・・狙い的中!!「ジー・・・」ドラグが派手になって上がってきたのは31cmのマコガレイ、巻き上げ中にカレイと確信・・思わずにんまり(笑)・・上がった瞬間「よっしゃー」と声を出してしまいました(笑)・・いやー狙い通りに釣れると嬉しいもんです(笑)
 これでやっと納竿できました・・Sさん、Aさん同行させていただき有り難うございました。今年も宜しくお願いいたします。
31cmアイナメ・・卵ははたいた後で痩せていましたが・・・刺身で美味かったです。

狙い通りに釣れると嬉しいもんです(笑)
31cmマコガレイおいしく煮付けで頂きました。


竿:スピンパワー425BX-T*2+スピンパワー425CX-T*1
リール:パワーサーフ4000QD*3 ナイロン8号通し(力糸無し)
餌:本虫・青虫
仕掛け:幹糸:フロロ8号 ハリス:フロロ6号 ハリ:カットビッグサーフ14号段差仕掛け 
釣果:アイナメ31cm+25cm以下多数(リリース)
   マコガレイ31cm*1 12cm*1(リリース)
同行者:30cm超アイナメ*2 30cm超カレイ *1
    30cm弱アイナメ・カレイ多数

港 師崎
緯度 34.42
経度 136.59
平均水面 125cm
潮 中潮
満潮 7:59 (188cm)
  18:57 (181cm)
干潮 1:13 (-2cm)
  13:30 (80cm)
日出 6:58  
日入 16:50  
月出 8:45 (30日)
月入 19:16 (30日)


日間賀島東港沖堤

12月16日日間賀島東港沖堤に行って参りました。

前の晩に仕掛けを作り、道具も準備して横になったらそのまま爆睡・・(苦笑)飛び起きて、時計を見たら4:30??ん?よくよく見たら5:30じゃないですか〜


こういう遊びの時にには、まず寝坊しない私(笑)・・いつもなら目覚ましセットしても目覚ましなる前に起きるのに・・・今日に限ってってやつです・・

同行するT氏に遅れる旨を伝える・・もし間に合わなければ先に行ってくださいと伝えて数分後・・「渡船の時間遅らせたからゆっくりおいで〜〜」ありがたい・・持つべきものは釣り友だ(笑)
集合場所に到着し、同行する Tさん・GDIさん・Nさんに平謝り・・・この時間風は穏やか・・・でも明るくなってからは北西風がかなり吹くようです。

釣り場に到着・・私はみお筋と外向き両方狙いたかったので堤防の中ほどに釣り座を構える。仕掛けを回収すると・・異様に水温が低い・・・この時期ってこんなに水温低かったかな〜??外向きに投げても・・内に投げても餌丸残り・・これは撃沈か・・

予想通り・・何も書くことがありません・・Tさんがこの悪条件の中23cm位のキスを2本・・さすがとしか言いようがありませんです。。

潮も全然動かず・・外向きに遠投しても仕掛けが流されることもなく・・・
釣れなかったのは水温と潮が動かなかったことにしておきます(苦笑)

帰りの渡船は揺れまくりみんな無口でした(笑)・・・ついには、船中でGDIさんがひっくり返ってました(爆)
10分15分の渡船でもいやなのに。。私に船釣りは一生無理・・(爆)
餌もたんまり余り、船着き場の近くで釣りをされていた方に進呈してきました。

帰りにみんなでランチしながら釣り談義・・今日の唯一の収穫でしたとさ・・(笑)

今年はこのまま納竿出来るわけ無いんで(笑)リベンジで年末にもう一発行ってきます。


竿:スピンパワー425BX-T*2+スピンパワー425CX-T*1 他
リール:パワーサーフ4000QD*4 ナイロン5号+力糸
餌:本虫・青虫
仕掛け:幹糸:フロロ8号 ハリス:ホンテロン5号 ハリ:カットビッグサーフ14号段差仕掛け 
釣果:フグ*1・・海星多数のみ

港 師崎
緯度 34.42
経度 136.59
平均水面 125cm
潮 小潮
満潮 10:26 (177cm)
  21:47 (153cm)
干潮 3:30 (28cm)
  16:22 (89cm)
日出 6:51  
日入 16:43  
月出 11:12 (16日)
月入 22:54 (16日)

PS:アクセス解析を見ると・・「スナズリ」を検索してここにきている方がものすごい多い・・時期を見てもう少し詳しく使い方も含めて書きますね

日間賀島西港のアイナメ

久々の釣行記です。
相も変わらず仕事が忙しいのを理由に更新を怠り、見に来てくださる方に大変申し訳なく・・・
気を取り直してまずは11/25に行われた、GDIさん主催の投げ釣り大会に今年も参加して参りました。ルールは今年もアイナメ・カレイの一匹長寸です。

ここしばらく釣りに行っていないので・・今年の傾向がよくわからない(笑)毎年楽しみにしている乗っ込みカレイももう終盤・・これでカレイが釣れなきゃ来年までお預け間違いなしでしょう。(苦笑)
まずは釣り場の選定・・地方で釣る自信は全くありませんので離島に行くのは決定・・他の参加者のほとんどは去年爆釣した、日間賀島久渕沖堤にはいるのは間違いないでしょう。。そんな釣れると言われている釣り場ですが・・私はここでいい思いをしたことがありません・・
よって却下(爆)残る候補は、去年入った日間賀島西港・東港沖堤、一昨年いい思いをした篠島か・・・篠島へ行く定期船(朝4時出船)は夏場ならいいのだがこの時期渡るには早すぎるさらに歩く距離も半端じゃないので今年はパス・・東港沖堤は釣行前の情報では単独渡堤になりそうなのでパス・・
消去法で日間賀島西港に決定(笑)・・なんて安易なんだろうか・・・

5:00ちょい前、集合場所に到着・・この時期だから出船は5:30位かな〜なんて自分で勝手に想像して手ぶらで集合場所に行くと皆さん準備万端そろわれています。。船何時ですか?と聞くと5:00との回答・・あわてて車に戻り防寒着・ライフジャケット・ヒップガード・タックル一式を担ぎ船に乗り込みます。

余談ですが・・私はこの時期の釣りには必ずヒップガードをしていきます。元々磯釣りで岩場に尻餅ついたり・座る際等でおしりを怪我から守るためにつけるものなのですが。これを着用すると防寒になるのと、防寒着やレインスーツがすれて破れるのを防げるので・・・高いのは1万円を超えますが安いもので十分ですので予算に余裕がある方は是非おためしください。

予想通り・・ほとんどの方は日間賀島久渕沖堤で降りられます・・西港で降りたのは主催者のGDIさん・西港の主のFPAPAさんそして私の3人です。
GDIさんはちょっと離れた場所へ・・私とFPAPAさんは去年と一緒の場所へ入ります。暗い内は釣れても穴子くらいでしょうから・・明るくなってから第一投・・勝負は下げに入った瞬間と決めていたので最初から本虫は一匹付け・・青虫も7匹くらい房掛けにして望みます・・ドラグをならして上がってきたのはデカイショウサイフグ・・30cm位はあるかな〜〜(笑)
これがまた良いあたり&首振りをしてくれるもんだから大期待しちゃうんですけどね〜〜(苦笑)そんなの何匹釣っただろう・・多分つ抜けしていたはず・・FPAPAさんも含めれば20は釣ったんじゃないだろうか・・・割烹屋にでも売れば良いお金になったかも〜〜(笑)

7時回ったくらいに、じ〜〜と短くドラグがなった・・またフグか??竿を手に持ち糸を張るとゴンゴンとなかなかの手応え・・間髪入れずに大あわせを食らわせるとドスンと魚が乗った!!巻き上げの最中首を大きく振っているのがナイロンの道糸でもはっきりとわかる。。これはアイナメ間違いなしだろ・・かけ上がりをかわして久々の感触を味わいながら巻いてくる。。
結構大きなアイナメ・・玉網がいるか??よく見るとかんぬきにしっかりハリが刺さっている。一気にごぼう抜き・・暴れる魚を押さえながら検寸・・37cm弱かFPAPAさんに祝福を受ける。即締めて血抜きを行いクーラーボックスへ・・今年も検寸に出せる魚が釣れたことにほっと一安心・・これでカレイが釣れれば言うことないんだけどな〜〜
しかし下げに入っているのに潮が動かない・・ずーと右にとろとろ流れているだけ・・なぜ??大潮の下げでがんがん流れるのを覚悟してきたのにちょっと拍子抜けでした。
潮が逆向きに変わったのは11時くらい・・何とも不思議な潮だこと・・・。
その後はFPAPAさんが30オーバーのアイナメを2本、私が31cmアイナメを1本つり上げ時間切れで終了・・・その他の魚はフグ多数(笑)23〜25cmのキュウセン*3(キュウセンは地元の方に差し上げました)

検寸場へ行き早速検寸・・他の皆さんの釣果が思わしくなかったせいもあり・・苦節3年目にして初めての優勝!!大会と名のつくもので初めての優勝でした。

主催者のGDIさん・参加された皆さん本当にお疲れ様でした。また来年もよろしくお願いいたします。
アイナメ36.4cm

竿:スピンパワー425BX-T*2+スピンパワー425CX-T*1
リール:パワーサーフ4000QD*3 ナイロン5号+力糸
餌:本虫・青虫
仕掛け:幹糸:フロロ8号 ハリス:ホンテロン5号 ハリ:ビッグサーフ13号段差仕掛け 
釣果:アイナメ36.5cm*1+31.5cm*1+27cm*1 キュウセン23〜25cm*3 
   ショウサイブグ(売り物になるような大きいの*10程度)

港 師崎
緯度 34.42
経度 136.59
平均水面 125cm
潮 大潮
満潮 6:23 (219cm)
  17:35 (208cm)
干潮 11:59 (87cm)
     
日出 6:34  
日入 16:43  
月出 16:57 (25日)
月入 8:25 (26日)

ASCCさんのリブキスに参加

今年もASCCさん主催のリブキスOLD・OLFが10月27日〜28にかけて行われました。

 27日・・仕事を早めに切り上げ、家に帰り、準備をして出発@15:00 差し入れ用のビールと・・自分用のビールを地元で買って・・下道で行く気もせず即高速へ(笑)この辺が、最近年のせいか我慢が足りないところ(苦笑)
 音羽蒲郡でおりて・・豊川橋を渡り・・ミックには16:30着・・私にとっては魅力的な赤ジャムシやジャムシ・・青虫を断腸の思いで素通りして・・イシゴカイ*1@500円のみ購入・・とは言いながら車の後ろには数釣り仕様の並継ぎ〜振り出し*3ドラグ付きリール*3等々・・フルセットが乗っていたりして(笑)

 半島の北側を回って伊良湖を目指す・・が・・そこから見える海の状態はとても釣りが出来るような・・・・風はびゅんびゅん・・海はうねうね・・・港内に泊めてある船も上下に大きく揺れている・・こりゃ明日釣りにならないんじゃない?・・

 OLD会場には17:45位に到着・・ASCCの皆さんはすでに準備の真っ最中・・挨拶をして、受付を済まし・・差し入れのビールを渡す・・ここで大失態・・・自分用のビールも渡してしまった(爆)・・後で自分のビールをこそこそと取りに行く羽目に(爆)
 おいしいあさり汁と・リブ・イカ・うどんと腹一杯・・ビール・焼酎のお湯割り(丹羽さんありがとう)・・そしてじゃんけん大会(今年もいただいてしまいました(笑))でも・・あまりの寒さにお開き後すぐに車でおやすみモード・・・

 翌朝車の外に出ると・・風びゅんびゅん・・海はうねうね・・プライベートじゃ絶対釣りをしない条件です(笑) ASCCの皆さんは海況を見に走る・・協議の結果当初の掘切から日出+西の浜・伊良湖港・恋路ヶ浜まで含めた範囲でと言うことになる。。
 当日の朝合流したGDIさん・投魂さんにどこに行きます?「300%港に入ります」とのこと。私も迷ったのだが・・このうねりの中、表で釣る技量など持ち合わせていないので消去法で伊良湖港に行くことに・・途中恋路ヶ浜ものぞいてみたが・・300〜400m先から足の長い波が打ち寄せている・・こりゃあかんわ・・
 港について道具をおろし・・堤防を歩いていく・・波が堤防を越えてシャワーのように打ち寄せてくる・・・うう・・もう帰りたいよ(苦笑)
 波が超えてこない場所に陣取り・・釣りを開始・・チャリコ・・フグ・・チャリコ・・フグと連発(どっかで聞いた台詞だな〜〜(苦笑))
 途中、豆板醤さんが竿を担いで来られた・・しばし談笑・・今までと違う当たりで上がってきたのは、カワハギ・・でも小さいな(肝はぱんぱん)・・投魂君が「当然リリースだよね」と言っていたが・・ハリをはずしてさっさとクーラーへ(笑)・・ここまで来ておかずも釣らずに帰れるか〜〜(笑)
 途中なないちさん御一行も来られる・・なないちさんのきれいな投げ方にしばし見とれる・・・(決してホモじゃないですよ〜(笑))こんな後ろの無い堤防で・・きれいに投げるな〜〜マジで関心・・
 そんなこんなで・・フグ・チャリコは変わらない中・・カワハギのダブル・・12cm位のキスをキープし・・時間切れ・・
 
 検量では・・こんな海況のなか・・つぬけされた方もいて・・釣る人は釣ってくるな〜〜と関心・・自分の未熟さに気づかされもしました。。結果は15位・・一匹釣れただけでも良しとしなきゃね(笑)

 最後に、ASCCの皆さん・・そして参加された皆さんありがとうございました。特にASCCの皆さん、悪天候の中準備〜開催まで本当にお疲れ様でした。また来年も参加させてください。
15位の賞品です・・釣果より喜ばれました(苦笑)
家族に言わせるとそんな遠くまで釣りに行って釣果はそんだけかい?
・・・・返答に困りますわ(苦笑)


「6:30〜10:45」
タックル:スピンパワー425CX-T+パワーサーフQD PE2号+ナイロン力糸
仕掛け :幹糸フロロ6号 ハリス ホンテロン4号 スピニングB 段差仕掛け
釣果  :キス12cm*1 カワハギ14cm他*3匹(肝ぱんぱん)
     他 チャリコ多数・フグ多数

calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
sponsored links
3mm
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM